ギター松本!のBlog

YouTubeでYUKOセッションズのライブ動画見てね! sessions/kiriで検索(^^♪

裕子セッションズ誕生

f:id:guitarmatumoto:20160613201825j:plain

2011年の夏、デーブ西こと西さんより新バンド結成につきメンバーのオファーが飛び込んで来た

ギーター松本!「あれっ、キーボードいないの?」

デーブ西「いないよ」

ギター松本!「ところで何をするの?」

デーブ西「中森明菜とか山口百恵

ギター松本!「歌謡曲⁉(*_*)」

 

西さんが「ミ・アモーレ」とか言うんでベスト10なんかで聴いた事はあるけど演奏はトリオで出来るの?

とりあえず、ネットでシングル盤聴いてみたが、スタジオ録音はいろんな音が沢山入ってるので参考にならない

生演奏ならってことで夜ヒットを検索

生演奏だが、ダン池田&ニューブリード(楽団)なんで参考にならない

そうだ!中森明菜ライブを検索

バックバンドがギター2名、ベース、ドラム、パーカッション、キーボード2名、ホーンセクション、バックグランドボーカリスト2名で参考にならない

上物ギター1本で無理じゃねェ (-_-;)

 

数日後スタジオに入って音を出した

知らなかった! 歌モノは、ヴォーカルとドラム、ベースだけで成立する!!!

キーボード要らない

ギターも要らない

そう!音が無駄にぶつかり合わない → 音の空間ができる → 歌の強弱が生きる&声が通る、更にドラムのハイハットの刻み太鼓の鳴り、ギターやベースの弦の音や細かいアプローチ等、全てのパートの一音一音がクリアに聞こえる

良いプレーをやろうと頑張れば必ず結果に出る! トリオの良い所

反面、間違うとモロにわかります トリオの怖い所 (-_-;)

 

2011年11月・伊万里のライブハウス「GET」で初めてのライブを行った

裕子セッションズが誕生した瞬間でした

 

当時のメンバー

Vocal:裕子、Bass:デーブ西、Guitar:ギター松本!、Drum:福ちゃん