ギター松本!のBlog

YouTubeでYUKOセッションズのライブ動画見てね! sessions/kiriで検索(^^♪

BOSS GT-8

f:id:guitarmatumoto:20160429191840j:plain昨日はKAISEN’Zさんでのライブ盛り上がりました!

一度足を運んだ方はご存知ですが、このお店ではライブ終了後に恒例の「賄い飯」が出演者とお客さん全てに振舞われます

皆さんがある意味最も楽しみにしているのはこれかもです(*^^)v

また船さん(店長)の料理が格別に上手いのだ(元コックだったらしい)

and、船さんギターも上手!

てなわけで、次回も裕子セッションズを呼んで下さい

<出演者>

こじゃまさん、トム白石さん、ヨウコさん(福岡)、ビートクラブさん、裕子セッションズ、KCズさん、ゲンさん

 

ところで写真のGT-8は今年から使うようになりました

その前は兄弟機種のGT-5を長年使ってたのですが、突然電源が入らなくなって💦 急きょ選手交代となった次第です

 

GT-8はアコギの時でも使ってます…

その訳はアウトプット出力の選択で「ライン」があるからです

後はPAに繋ぐだけで

アコギ専用のエフェクターを別に揃える必要がないと私は思う(汗)

使用するエフェクトはディレイ、リバーブ、コーラス、リミッター、ボリュームペダルそしてチューナー

全部GT-8の中に入っているので、これ1台で全てOKです

只、足元が狭くてエフェクターを設置できなかったり、出演者多数で入れ替わりが混雑するライブではエフェクターを使用せず直にPAに繋いで演奏します(昨日は正にそれ)

 

エレキで使う場合は次のセッティング

◇通常の状態

ch1・クリーン

ch2・クリーン

ch3・オーバー.ドライブ

ch4・ナチュラル.ドライブ

CRT・チューナー

◇ボリュームペダルを踏み込むと

ch1・クリーンのソロ

ch2・オーバー.ドライブのソロ

ch3・オーバー.ドライブのソロ

ch4・ナチュラル.ドライブのソロ

ペダルを踏み込むと徐々に音量が上がりandディレイがかかる仕組みです

ボード右下のFS-5Uは通常の状態にプラスアルファを加えたい時に使用します(例えば、曲によってはどうしてもタッチワウが欲しい時とか…)

ボード右上のボリュームペダルはGT-8のマスターボリューム用として使ってます

ギターアンプの音をマイクで拾わないような会場ではドラム、ベース、ギターそれぞれが自分で出音をコントロールしなければなりません

リハで音のバランスを事前に調整しても、演奏中に音量が上がっていくことしばしば(-_-;) 特にドラムは生身だから仕方ない

ギターアンプのボリュームをいじる方法もありますが、足元で微妙な調整ができるのでこちらを採用してます

現時点では完璧なセッティング!(私的にはです^^;)

 

裕子セッションズのライブ動画をyoutubeでアップしてます

sessions/kiriで検索!!